読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業で必要なたった一つのこと

マーケティング

f:id:minimumbusiness:20170210163723j:plain

 

こんにちは、田口です。

 

前回の記事の最後であなたに“起業する時に絶対必要なものは何か”

という質問をしました。

 

さて、起業の時に絶対必要なもの。

どうでしょうか。

 

豊富な資金、質の高い商品、よく練られた創業計画、独創的なアイデア、、、

 

色々考えられますよね。

どれも絶対必要?

 

そんなことはないです。

絶対必要なものは一つです。

 

 

正解は、売る力です。

 

 

起業する時、あなたに売る力があるかどうか、

ということがとても重要になります。

 

売る力があれば、ビジネスに困らなくなります。

売る力があれば、ビジネスはあなたの思う通りです。

売る力があれば、将来の心配はいりません。

売る力があれば、良いお客さんを選ぶことができます。

売る力があれば、あなたの成功率はぐーんと上がります。

 

では、売る力があるとはどういうことか、

 

イメージしてみてください。

 

  • あなたの商品が売り場に並んだ途端に

お客さんが商品を手にレジへ行くところを

  • あなたがコンテンツをネットにアップロードしたそばから

どんどんユーザーがアクセスして買っていくところを

 

 

これが売る力が最高にある状態です。

こんな状態ならビジネスもうまく回って困らないですよね。

 

でも、これは商品がいいからどんどん売れるんじゃないのって

思う人もいるかもしれません。

 

もちろん、ビジネスで質の良い商品やサービス、コンテンツを作ることは

お客さんのためにとても大事なことです。

しかし、現実は良いものだから売れるとは限りません。

粗悪品が売れ続けることはないと思いますが、

良いものだけど売れないということはあります。

 

良い商品や良いアイデアは売る力を強くしてくれますが、

それだけであなたが成功できるわけではないのです。

 

個人で起業する場合、初期投資を抑えることができるので、

豊富な資金が絶対に必要なわけではないのです。

資金をたくさん使って起業しても、

商品が売れなければ事業を続けていけません。

 

つまり、売る力がなければ商品の良さもアイデアも資金力も活かせないのです。

 

世界の億万長者メーカーと呼ばれているダンケネディも、

社長の仕事はマーケティングであると言い、

売ることの重要性を説いています。

 

あなたが起業する時は、このことを忘れないでください。

 

必ず必要なものは”売る力”です。